Meal - TJの給食

​TJでは健全な食生活は心とからだの成長に欠かせないと考え、素材を大切にしたお弁当を提供している(株)うめめし本舗と提携しています。

株式会社うめめし本舗について

 

★ すべて手作りにこだわった弁当屋を2012年8月に開業。
  2017年にリニューアルオープンと同時に店頭販売開始。
  同時期に(株)うめめし本舗として法人化。
★ 主菜と3種類の副菜、浅漬け等の栄養バランスのいいお弁当。
★ 豊洲市場から配達される魚介を使用。
★ 豚肉は地元、国産肉に限定している精肉専門店から購入。
★ 千葉県香取市の有機野菜を作っている生産者さんから、規格外のにんじん、だいこん等を取り寄せ。
★ 手作りの浅漬けは、毎回旬の野菜に塩と香味野菜を加えただけのシンプルなもの。
★ 手作りの寒天は、厳選されたあずきと砂糖を使ったシンプルなもの。
★ 環境にも配慮。副菜用の容器は不燃物のアルミ箔ではなく、燃やせるプラ容器に。
  お弁当の箱は牛乳パックと同素材のものか、インドネシア産の木製のもの。
  ご飯容器はプラ容器でかさばらないもの。
  
3つのこだわり
★精米50%の五分づき米は、食べやすく玄米の栄養価も残っている。
米どころ山形の雪深い新庄で、20年前から無農薬の米作りをしている生産者さんから五分づき米を購入。お弁当のおかずがおいしくても、お米がまずければ台無しになることもあり、またうめめし本舗店主梅木が山形出身ということもあって、おいしいお米にこだわっている。
★昔ながらの製法にこだわった、しょうゆ、酢等
奥多摩にある醸造元のしょうゆや、兵庫県の老舗醸造所の酢などのように、保存料にアルコールなどを使用していない昔ながらの製法にこだわった味わい深い調味料を使用。また、去年秋からは生活クラブの砂糖、塩を使用し、特に「素精糖」という最低限の精製で作られた砂糖はコクがあって、煮物、きんぴら等の味わいも一段と深くなっている。もちろん塩も日本の海水から作られたもの。厳選素材を生かすには調味料を吟味することもポイント。
★おろそかになりがちな浅漬けも自家製
主菜や副菜はいうまでもなく、浅漬けまでおいしく食べていただければ!と思いが強くあったため、浅漬けも手作りにこだわっている。このように手作りにこだわったお弁当のため、副菜などは前日から仕込み、手間暇を惜しまないことをモットーに。

TJ International Nursery & Preschool​​​

​〒104-0033 東京都中央区新川2-3-11

TEL: 03-6280-3810

EMAIL: info@tj-internationalschool.com

営業時間:月~金 8:00-19:00 

アクセス

© 2020 TJ International Nursery & Preschool